心。思いやり。間違えていますか?
2011年09月13日 (火) | 編集 |

++++++++++++++++

“心”って何ですか?
“思いやり”って何ですか?


カモシカさんの時もそう。

【死】がすぐそこで待っているその相手に向けて
更に苦しみを与えるように石を投げる・・・


とある小学生がノラ猫に石を投げていたそうです。
それを見た方が
「そんな事をしたらかわいそうでしょ!」
と声をかけたら、

「だってお母さんが良いって言ったもん。ノラ猫だから

そんな答えが返ってきたそうな。


飼い猫はダメだけど、ノラ猫は痛くてもいいの?

あえて痛い思いをさせる必要はないのに
何のために石を投げるの?



猫だから、犬だから、人間だからじゃなくて、
かわいい、かわいくないじゃなくて、
生きている、死んでいるでもなくて、

お互いの“心”を“思いやる”って普通の事じゃないんでしょうか。
それが普通なら上記のことなんて起きないんじゃないでしょうか。


よくA3Eへ来てくださるボランティアさんとお話することがあります。

どんなに乳飲み子だって、
どんなに弱い子だって、
どんなに手荒い子だって、

その子達を育てお世話することよりも

いかにその子が幸せになってくれるか
そのほんの少しでも幸せになれる場所を探し考える事が一番大変だ、と。

漠然と見るのではなく1つ1つと向き合う。
それは人でも動物でも同じじゃないでしょうか。



日本ドッグホーム協会が
現状変わらないまま

新たに36匹の犬を引き取ったそうです
(日本ドッグホーム協会『わんにゃん奮闘記』参照)

もっともらしい事を綴っていましたが、

・猫はグニャグニャしていて気持ち悪いから嫌い
・(引き取っている子達が)死んでくれなきゃ次に回せないから困る
・動物達は3,4日ゴハンを食べなくたって死にはしない
・フィラリア予防なんて任意だからする必要はない
・避妊去勢費なんて無駄金は出せない

これらは私達が
日本ドッグホーム協会代表及び管理者から聞いた言葉の一部です。

ここに“心”はありますか?
ここに“思いやり”はありますか?

そして
毎日を引き取った犬達と暮らす管理者はこう言います。

「オレたちは、高齢者の手助けをしてやっているんだ。
だから高齢者が困ったソコに犬がいるから引き取っている。
犬の為に活動しているのではない。」


ただ生きているモノだから関係ないですか?

相手が痛かろうが、切なかろうが、寂しかろうが。


キレイ事のHPだけで惑わされないでください!

疑問に感じた事は
私達A3Eが知り得る事全てをお答えします。
カテゴリの~お伝えしたい真実~も読んで頂けますと幸いです。

それよりも何よりも直接、
目で見て、聞いて、感じて、ほしいです。

そして
ドッグホーム協会が引き取った猫達が
ここA3Eで暮らしているという事実を知って下さい。

ドッグホーム協会で
この猫達の事が一切触れられていない事に
疑問を感じてください。


これ以上犠牲が増えないように願うばかりですが

【しょうがない】という気持ちだけで
現場の下調べもせず
行政までもが安易に頼んでしまう現状。

残念ながら全国区です。
引き取り依頼を
私達だけでは到底阻止しきれません。

日本ドッグホーム協会が憎いのではない。

犬や猫達の
“心”を受け入れてもらえず、
全てのシワ寄せがそこに居る犬や猫達に行っている
あの状況に耐えられないんです。


情報の拡散にご協力ください!


もし私達の気持ちが間違っていたにしても


多くのみなさまに知っていただく事は
無駄ではないと思っています。


ご協力よろしくお願いいたします。


↓2ポチをお願いいたします↓


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ



++++++++++++++++





| Login |