私達が知らなかった真実~2~
2012年08月18日 (土) | 編集 |

++++++++++++++++


協会へ到着すると

とたんにふてくされた顔をする代表と
ハナからケンカ腰の管理者。


そして管理者の口から出てきた言葉は

「1頭は2週間前、もう1頭は1週間前に死んだ。
穴掘って焼いて捨てたから骨とかはもうない!」


と・・・。


我が子に逢えると思った目前に告げられた事実。




しかも
おかしいんですよね。

代表が最後に「みんな元気ですよ~♪」と伝えた時は
すでに1頭は亡くなっているんです。

持病とは関係ない【ハエウジ症】で
亡くなったのを
私達は看取っていますから。

最後のその電話より
少なくても4ヶ月は前の事です。


代表は
ウソをついていたことになります。

あたかも元気でいるかのように。


もう1頭の「1週間前」というのも
口からデマカセです。

これもこちらで控えている資料に全て期日が記載されていますので
間違いはありません。



死んだという事実を知られたくなかったから
返すことを拒んだのですか?

“協会の信用”ってなんですか?



しぶしぶ管理者が案内した犬舎に
残った1頭はいました。


(※残る1頭の返還において
ここでは詳しくお伝えできませんが、
飼い主さんと同行されていた方と
協会の管理者とで話し合って
金銭のやり取りもあったようです。)


犬舎の1番奥から
管理者に首根っこを掴まれ引きずられて連れてこられた1頭。

体からは泥水がしたたり落ち
ブルブル震え
1年前の面影はなく
飼い主さんもすぐに我が子だと判別できずにいましたが



飼い主さんでしかわからない
我が子の“呼び名”で
その子を呼ぶと


その子はクルっと振り返り
体全体で喜んで駆け寄ってきて

1年前同様

一生懸命抱っこをせがんだそうです。


大切な我が子との再会。



どんな理由であれ
この子に辛い思いをさせてしまったこと

そして亡くなってしまった2頭への思いに

後悔してもしきれないと
飼い主さんはおっしゃっていました。


亡くなった2頭が

本当に亡くなったのか
どんなふうに最期を迎えたのかすらわからないまま

もしかしたら
まだどこかでツライ思いをしているのかもしれないと

目の前にいないその子達を思いながら
毎日を過ごしてきたといいます。



何かのきっかけがなければ
知ることができない“真実”




別件になりますがもう1つ。


A3Eで協会から猫達を引き受けた後もなお
協会は新たに猫の引き取りをしています。

私達の力が及ばず
未だ引取り依頼が後を絶たない事に
歯がゆい思いがしてなりません。




そんな協会に
飼い主さんから依頼があった猫達。

電話での近況確認は
飼い主さんに代わって
知人の方がしていたそうです。

いつも忙しそうで、あまり詳しいことは聞けずいましたが
「元気ですよ」とのこと。

今回、作業の邪魔になっては申し訳ないと思い
メールで近況を伺ったところ、

待つこと2日後・・・


返信されてきた内容は
「2週間前に亡くなった子がいる。」と。


しかも
「もう火葬して敷地内に埋葬した。」と。



事後報告??


協会に猫達を預ける際
「命に関わることがあれば連絡します」

と約束していたそうですが・・・


飼い主さんが慌てて
返骨をしてほしいと依頼されたそうですが
それに対しては返信なし。


飼い主さんが残る猫達の返還を申し出たら
それには快諾。
(猫だからでしょうか?)

しかし、
「届けに行くから交通費4万円を用意し、
“誓約書”にサインするように」
と言われたそうです。


残る猫達の内、もう1匹も
食欲がなく危ない状態だということで

お届けの日まで心配されていましたが、


知人の方が
早急に対応して下さり
お届けの日を待たずして
直接協会へ猫達を迎えに行ってくださいました。
(猫達はこれから知人の方がお世話をしてくださいます)


本来、
日本ドッグホーム協会は

犬猫達を引き取る際
飼い主さんと“譲渡書”を交わして
所有権を日本ドッグホーム協会に移します。

その後
この子達を他の人へ里子に出すことはしない事を理念とし

万が一
飼い主さんの元へ戻る時は
日本ドッグホーム協会が飼い主さんへ“譲渡する”
という形をとるために“誓約書”を
交わすのだと思います。



が、

今回
飼い主さんではなく
知人の方がお迎えに行ったにも関わらず

書類を交わすこともなく

あっけなく猫達を引き渡したのです。


猫達が問題なく戻してもらえたことは
それはそれはとてもよかったことなのですが


協会にとって
この猫達への想いってなんだったのでしょうか。

猫達がどこへ行くのか
これからどうなるのか気になりませんか?


いなくなれば、それまでですか?




協会の管理って??
理念って??


て思ったのです。



そもそも
【飼い主さんに譲渡する】というやり取りに
とても違和感を感じるのですが。。。



あまりに管理がズサンだと思いませんか?

逢いにいくことが叶わない飼い主さんは
“真実”を知ることができません。


この猫達の返還依頼があってすぐ
代表が書くブログ【わんにゃん奮闘記】に
珍しく猫の紹介記事が掲載されました。

返還される猫達の写真です。

慌ててUPされたような近況報告も
今となっては
すべてが疑わしいモノにしか見えません。



我が子がどんな扱いを受けているのかも
ましてや亡くなったことすらも

知ることができない。


そんなのおかしいと思うんです。


なんのために活動しているのでしょうか?



今回この記事は

犬達の飼い主さんにも
猫達を引取りに行かれた飼い主さんの知人の方にも
了承を得て書かせていただいております。



真実を知ってほしいんです。
実際に関わった方のみが知る真実。




こんなズサンな思いで扱われ

犠牲となってしまう尊い小さな命や
それによって大きく傷ついてしまう飼い主さんが

これ以上増えることがないよう
願わずにはいられません。


マスコミに放送された分、
まだまだ【美談】として
根強く残っている日本ドッグホーム協会の情報。


ネット環境にない高齢の飼い主さんまで
真実が届くよう

多くのみなさまに
知っていただきたいので


拡散ご協力よろしくお願いいたします。


☆ランキング参加中です☆
↓2ポチをお願いいたします↓



にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

++++++++++++++++

 ご協力お願い申しあげます。
現在A3Eで要しているものです。

=在庫が少なくなってきました
=在庫がありません

プレミアムドライフード
(アイムス、ピュリナワン、ロイヤルカナンなど)
※特に小粒のシニア食が助かります!

カルカンパウチ

猫缶
(メーカー問いません。何でも助かります!)

処方食
(PHコントロール・糖コントロール・腎臓サポート・肝臓サポート・c/dドライ・w/dドライ・a/d缶・i/d缶)

トイレ砂
(鉱物系・べントナイトに限らせていただきます)


ペット用消臭剤(詰替え用)

取っ手付ポリ袋(4L程度サイズ)

運営費
(切実です)


++++++++++++++++

2012年8月18日現在
ご 寄 付 計 126,000円
残り必要経費 374,000円

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

++++++++++++++++







| Login |