ミルその後 と・・・。
2014年07月10日 (木) | 編集 |




猫砂フードが慢性的に不足しています
みなさまからのお力添えをいただけますと幸いですm(_ _)m




++++++++++++++++

[UNSET] (6)

大荒れ、、とはいかずとも
A3E周辺では台風が近づいてきているので
雨が降ったり止んだり
時折雷がゴロゴロ鳴ったり
心配なお天気が続いています。


昨晩、体調を崩した様子だった『ミル』ですが
朝方あたりからはほぼ通常に戻り
一晩かけてドキドキしていた緊張も和らぎました。

それでも高齢の『ミル』です。
念の為受診することに・・・

昨日のことはなんだったの??と
問いかけたくなってしまうほど
診察台の上ではごきげんチャンだったりして

血液検査は異常なし。
触診も特に異常はみられず。
しかしエコーの検査では
膀胱にサラサラと影が写りました。

このサラサラが結晶なのか血餅なのかはわかりませんが、
血尿の原因である“膀胱炎”は起こしている可能性はあるとのことでした。

その他にも特に異常は見当たらなかったそうです。

じゃあこのサラサラが
昨晩の 唸ってしまうほどの痛み の元かといったら
ちょっと違うかな・・・というレベルです。

そこで、
移動から今朝までの『ミル』の様子を思い起こしてみました。

【移動日夜】
・天真爛漫ないつもの様子
・ご飯をポリポリ

【翌日中】
・特にかわりなし

【夜ご飯時】
・機嫌が悪い
・お腹を触ると痛がる様子
・横になって呼吸が早い
・特定の姿勢を避ける
・食欲なし


焦った様子で排便


【深夜】
しばらく様子を見ると
特定の姿勢を避ける事は変わらないが
唸り声は聞こえなくなる。

【明け方】
・お腹を触っても痛がる様子なし
・避けていた姿勢をとる(香箱スタイル)
・ごきげん
・毛繕いをする



もしかして、、、

排便痛???


出たうんちはいたって普通のモノだったのですが、
痛みが引いたタイミングからすると
どうやら排便の際に生じた痛みっぽいのです。

出てしまったらスッキリしたのか
病院で出していただいたご飯をペロリとたいらげ
お山に戻ってきてからのご飯もモリモリ食べましたとさ


大事にいたらなくてよかったぁ~~~~~

でも、
排便痛だとしても
唸ってしまうほどの痛みが出るというのは
決していいことではないので
しばらくは個別のケージで様子を見ていきたいと思います。

膀胱炎もしっかり治さなくちゃね!ということで
抗生剤の注射をしていただき
明日の朝からは投薬も始めます。

ご心配をおかけいたしましたm(_ _)m

消灯後の写真になってしまったので暗いですが
ごきげんが戻った『ミル』と

[UNSET] (4)

お部屋に慣れて甘えた全開♪の『ナミ』

[UNSET] (5)


昨日より今日
今日より明日が
幸せでいっぱいになりますように。



で、
そんな『ミル』を病院へお迎えに行こうと思った矢先
1本の連絡が入りました。

「目が見えない様子の子猫がいる」


母親を探して
大きな声で泣き続けるけれど
お母さんの所にたどり着けない・・・

すぐ近くにお母さんがいるのに、です。


猫風邪によって目が侵されてしまっている様子。

すでに身体が衰弱しているところにきて
これからのお天気を考えると
その状態で雨をしのぐことができるのか、、、

このままでは目も視力を失うことになるだろうし
命そのものも危ない、、、

連絡をくれた方と相談して
急遽保護のお手伝いをすることにしました。

保護主さんは保護を決めるに至るまで
相当葛藤されていた様子でした。

相手は命です。
もちろんお金も時間もかかるわけで
その上で命を預かるという責任を考えたら
易々と踏み切れないは当然だと思います。

それでも

現実を見てしまったからには
見てみぬフリはできないから・・・と
決心してくれた保護主さん。

私、嬉しかったんです。

その親子のことを
一生懸命考えてくれる保護主さんの気持ちが。

目先の解決法だけに頼るのではなく
その先の事もちゃんと考えてくれる気持ち。


私が到着した頃にはすっかり陽も落ち
すでに雨は本降りになっていて
お母さん猫とその子猫は
マンションの軒先に身を寄せて雨をしのいでいました。

私達が近寄ると
お母さん猫は警戒して子猫からほんの少し離れましたが
それ以上の距離をとりません。
目が見えない子猫を抱き上げて症状を確認していると
お母さんはすぐに泣きながら私達の元へ近づいてきました。

まるで

「連れて行かないで!!!」


そう言っているかのように。


3㎏にも満たないような小柄なお母さんは
今まで必死に我が子を守ってきたんだよね。

お母さん自身も風邪の症状が出ています。

私達が子猫だけを連れ帰れば
このお母さんはその身体で
台風の中も必死で我が子を探し続ける事は容易に想像できるんです。

だからお母さんも一緒にいこう!!


警戒するお母さんの前で捕獲機を設置しました。
子猫が入っているキャリーを横に置いて。


すると、
私達が目の前にいるにもかかわらず
お母さん猫は自ら捕獲機の中に入ってきたんです。


大切な我が子と一緒にいるため、、かな。


親子を保護できた時には
病院の診療時間はすでに終わってしまっていたため
取り急ぎこの親子を保護主さんのお宅へ搬送することになりました。

お家に到着してすぐにケージを組み立てて
別々にいた親子を一緒にすると、
すぐに子供を抱えたお母さんがとっても安心した顔を見せてくれ

「がんばったね。辛かったね。」

そう声をかけずにはいられませんでした。

[UNSET] (3)


子猫の眼の状態はかなり厳しいかもしれません。

[UNSET] (2)


今日保護主さんが早速
親子共に病院へ連れて行ってくれます!!

早く良くなって
お母さんも子猫も
あたたかで幸せなお家がみつかりますように

私達A3Eも
この親子にゃんこが幸せになるために
できる事を精一杯お力添えできるようにがんばらせていただきますっ


++++++++++++++++


NPO法人Animal 3rd Eyesは
みなさまからの会費ご寄付によって支えていただいております。
多くの方々からのお力添えを
ぜひよろしくお願いいたします!!!m(_ _)m


A3Eの活動を支えてくださる
2014年度の会員様を募集します!!


お手続きはこちらから→ 会員申し込み


◎●ご支援金振込先●◎

【ゆうちょ銀行】

口座番号  記号12310 番号32541721
口座名義  特定非営利活動法人 Animal 3rd Eyes

※他銀行からお振込みの場合※

銀行名   ゆうちょ銀行 
支店名   二三八(ニサンハチ)店
口座種別  普通 3254172
口座名義  特定非営利活動法人 Animal 3rd Eyes

※ 法人化に伴い口座が変わりましたのでご注意ください ※


◎●クレジットカードでもご支援していただけます●◎

PayPalでのお手続き↓

クレジット


コッコさんのショッピングカートはコチラ
↓ ↓ ↓
【We コッコさん】

++++++++++++++++

 ご協力お願い申しあげます。
khana-m.gif 現在A3Eで必要としているものですkhana-m.gif 

=在庫が少なくなってきました =在庫がありません
ドライフード
※小粒のシニア食ですと助かります。
ピュリナワン・メディファス・ロイヤルカナン
・・・など
慢性的に不足
猫砂ベントナイト・鉱物系に限ります慢性的に不足
缶詰・パウチ
普通タイプ
(メーカー問いません)
カルカンパウチ
ペースト状・スープ状
(メーカー問いません)
処方食PHコントロール(ドライ・パウチ
糖コントロール
c/dドライ
w/dドライ
k/dドライ
A/d缶
i/d缶
ペットシーツレギュラー
ワイド
スーパーワイド
医薬品フロントライン
レボリューション
生活雑貨洗濯洗剤(粉末タイプ)
食器洗剤
ウエットティッシュ(ペット用)
ティッシュペーパー
ラップ・アルミホイル
トイレットペーパー
毛布・タオル一重の厚いタイプ(中古大歓迎)
使い捨てマスク
使い捨てゴム手袋(ビニール製は不可)
取っ手付きビニール袋5L以上
使い捨てカイロ貼らないタイプ
運営費

送付先やその他の物につきましては
メールフォームよりお問い合わせください



フード猫砂切迫しております

何卒よろしくお願いいたします。
m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m



++++++++++++++++ 

ランキングに参加しています
※ランキングが上昇するとたくさんの方に知っていただくきっかけとなります※
たくさんのご縁がつながりますように
↓みなさまからの愛情2ポチをお願いいたします↓

 にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

m(_ _)m ご協力ありがとうございました m(_ _)m

++++++++++++++++

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


| Login |