またね。
2014年10月17日 (金) | 編集 |


++++++++++++++++

台風が過ぎ去って
空には秋晴れの青空が広がっていた火曜日の朝。


朝の投薬やご飯の準備を始めようかと
パソコン前のイスから立ち上がると

腹時計が正確なにゃんこ達は
スタッフの動きを見て催促の合唱が始まります。

いつも聞いている声、声、声。


なのにこの日は
お部屋の中から聞き慣れない鳴き声も聞こえてきました。


誰だろ・・・


諸々の準備を始める前に
トイレに行ってこようとお部屋の中に入り
ついでにその“聞き慣れない声”を探して目を配ると

その声の主は


『つぶ』でした。


朝の投薬組にも入っている『つぶ』ですが
普段催促を声に出してする子ではありません。


珍しいな・・と思いつつ
ひとまずトイレへ向かった私。


用が済んですぐ
『つぶ』がいるお部屋に立ち寄りました。


その間も『つぶ』は
少し高い声でニャオニャオと鳴き続けており

私がお部屋にはいると
すぐに足元へ駆け寄ってきました。

シッポをピーンとあげて。


とここまでは、
“鳴き続ける”こと以外は
毎朝となんら変わりないいつもの光景だったんです。



足元に来た『つぶ』の前でしゃがんで

どうしたの?珍しいね~


そう声をかけた私に軽く目をやった『つぶ』も
私の目の前で座る体制を取ったかと思ったら
前手で数回口元を素早く掻く仕草をしました。


そして




そのまま




目の前でバタっと倒れてしまったんです。





びっくりした私は
倒れた『つぶ』にすぐさま手をのばして声をかけるも


その後、
目を開けることもなく
もがくわけでもなく
呼吸すらすることもなく

ただ1度だけ
大きく息を吸い込むような仕草をし
身体の力が抜けていくのがわかりました。


ほんの数秒のできごとだったと思います。




力はないけれど
まだあたたかい『つぶ』を

胸元へ抱き寄せることしかできなかった・・・



呼んでも
さすっても

もう合うことのない『つぶ』の
綺麗な黄色い瞳が
たんだん輝きを失って曇っていく様子を見ながら


どうしたの?


どうしたの?


と何度も何度も繰り返しては
お部屋の真ん中で
ただただ強く抱きしめる。


そんな時間がどれだけ続いていたんだろう。


わけがわからなくて
意味が理解できなくて


涙すら出ないんです。




時間がたちすぎて
催促の大合唱のボリュームが大きくなっていくのを感じ
我に返った私はようやく
『つぶ』を抱っこしたまま
お部屋をあとにしました。


各スタッフに連絡をしましたが
みんな口々に

なぜ・・・。と。


前夜のご飯タイム時もいつもと変わらなかった『つぶ』

お皿回収時も
食べます!食べます!と急いで寄ってきたそうです。

夜、お天気大荒れの時刻
同じお部屋の『シェビー』に点耳をしていた私に
スリスリ~♪と
これもいつもと一緒。


翌日先生に状況を説明し
何が原因だったのかとお話を伺ってみました。

1つは 『つぶ』が患っていた重度の慢性鼻炎による急性的な窒息が起こりパニックを起こして
ショック状態になってしまった。

1つは 服用を続けていた薬の副作用(相当稀だそうです)によるもの。

そして 心筋症による突然死。


『つぶ』はこの日
私の前にくるまで外見上は普通に歩いていました。
特にパニックを起こしていたわけではなく、
むしろいつもと同じようにゴキゲンな様子で。

しかし、
珍しく鳴き続けていた時は
すでに『つぶ』自身が体に違和感を感じていたんだと思います。


そして口元を掻く仕草。

鼻がムズムズしたり、
口元が痛かったりすると
猫がよくする仕草。

それと

肺腫瘍を患って旅立った『どんべぇ』が
亡くなる直前に呼吸困難に陥って、
苦しくてした仕草。


その後の様子などから
心筋症による突然死だったのではないかと思っています。

突然の心肺停止。

これまで
突然死で旅立ってしまった子達のその瞬間に立ち会えたことがなく
他の子達がどのような最期を迎えたのかがわかりません。

でも
『つぶ』をふくめ
どの子も激しくもがき苦しんだ形跡はなく
立ち会えなかった申し訳無さの中で
ずっとずっと
心のどこかで

どうか少しでも穏やかな最期であってほしいと
願わずにはいられませんでした。


『つぶ』は

眠るように、、ではないので
穏やかだったかと言われれば
決して、そうではないし

我慢強いと言われる猫なので
私達がその辛さを発見することができなかっただけで
実際はずっとずっと前から痛みや辛さをじっと耐えていたのかもしれません。

それでも
『つぶ』が取ったあの時の
ひとつひとつの細かな様子を思い返しては

パニックを起こすほどの酷い症状や
もがいて苦しんでというような事はなく
痛みや苦しみが襲ったとしてもほんの一瞬の事で
『つぶ』自身も
何が起こったのかわからなかったのかもしれない、と・・・

そうであってほしいと思っています。


4年前の5月、
殺処分に出された小さな小さな兄弟。
そのひとりが『つぶ』でした。

DSC_032 (3)

手のひらに収まってしまうほど小さな体で
特に『つぶ』はミルクを飲むのがヘタっぴだったね。

DSC_032 (2)


お腹いっぱいになってしまえば
次のミルクの時間まで爆睡し続けて
こちらが心配になっちゃうくらい眠り続けちゃうような
本当に手がかからない兄弟でした。

一生懸命ミルクを飲んで
兄弟たちとスクスク育った『つぶ』

DSC_032 (6)


やんちゃで
イタズラ大好きで

DSC_032 (18)

DSC_032 (17)

DSC_032 (9)


どこかマイペースで

DSC_032 (12)


小さい子にも優しくできたし

DSC_032 (8)


たまに遊びに度が過ぎて
やり合っちゃうこともあったけど

DSC_032 (16)


兄弟とも
他のにゃんこ達とも仲良しで

DSC_032 (7)

DSC_032.jpg

そして
人が大好きでとっても甘えたさんな『つぶ』

DSC_032 (15)


冬になってストーブをつけると
みんなと一緒に暖まりにいったね

DSC_032 (14)

そして
ストーブの上は
毎年お決まりの『つぶ』の特等席

DSC_032 (4)




ねぇ、つぶ。
またストーブの季節がきたよ。

3番のお部屋のストーブの上はつぶの特等席。

今年もそこに居てくれると思ってた。

DSC_032 (1)

私達は、
つぶ に少しでも“幸せ”を持たせてあげられたのだろうか・・・

DSC_032 (11)


発泡スチロールの容器に入れられた
小さな小さな つぶ達兄弟を連れて帰ってきて
悩んだりウフフと笑ったりしながら必死に育ててきたあの頃を
昨日の事のように覚えています。

運命だというにはあまりに短い4年という歳月の中で
つぶ がどれだけのぬくもりを感じることができたんだろう。


神様はどうして 
つぶ を連れて行っちゃったんですか?

これから
もっともっと幸せが待っていたかもしれないのに。
もっともっと幸せになって欲しかったのに。

DSC_032 (13)


これまで
『つぶ』をたくさんヨシヨシしてくださったみなさん、
本当に本当にありがとうございました。

人が大好きだった『つぶ』ですので
きっとまたお部屋のどこかで
みなさまにごあいさつに行くかもしれません。

その時はよろしくお願いいたします。



つぶ、またね。

DSC_032 (19)




土曜日、お見送りに行ってきます。

++++++++++++++++


NPO法人Animal 3rd Eyesは
みなさまからの会費ご寄付によって支えていただいております。


1日でも長くにゃんこ達のおだやかな時間が続きますよう
多くの方々からのお力添えを
ぜひよろしくお願いいたします!!!m(_ _)m


 ご支援金振込先 

【ゆうちょ銀行】

口座番号  記号12310 番号32541721
口座名義  特定非営利活動法人 Animal 3rd Eyes

※他銀行からお振込みの場合※

銀行名   ゆうちょ銀行 
支店名   二三八(ニサンハチ)店
口座種別  普通 3254172
口座名義  特定非営利活動法人 Animal 3rd Eyes

※ 法人化に伴い口座が変わりましたのでご注意ください ※


 クレジットカードでもご支援していただけます 

PayPalでのお手続き↓

クレジット

++++++++++++++++

A3Eの活動を支えてくださる
2014年度の会員様を募集しています!!


お手続きはこちらから→ 会員申し込み



 ご協力お願い申しあげます。
khana-m.gif 現在A3Eで必要としているものですkhana-m.gif 

猫砂フードは慢性的に不足しています
みなさまからのお力添えをいただけますと幸いですm(_ _)m

=在庫が少なくなってきました =在庫がありません
ドライフード
※小粒のシニア食ですと助かります。
ピュリナワン・メディファス・ロイヤルカナン
・・・など
慢性的に不足
猫砂ベントナイト・鉱物系に限ります慢性的に不足
缶詰・パウチ
普通タイプ
(メーカー問いません)
カルカンパウチ
ペースト状・スープ状
(メーカー問いません)
処方食PHコントロール(ドライ・パウチ)c/dドライ
糖コントロール
y/d(ドライ・缶)
w/dドライ
腎臓サポート(ドライ・パウチ)・k/dドライ
a/d缶
i/d缶
ペットシーツレギュラー
ワイド
スーパーワイド
医薬品フロントライン
レボリューション
生活雑貨洗濯洗剤(粉末タイプ)
食器洗剤
ウエットティッシュ(ペット用)
ティッシュペーパー
ラップ・アルミホイル
トイレットペーパー
毛布・タオル一重の厚いタイプ(中古大歓迎)
使い捨てマスク
使い捨てゴム手袋(ビニール製は不可)
取っ手付きビニール袋5L以上
使い捨てカイロ貼らないタイプ

送付先やその他の物につきましては
メールフォームよりお問い合わせください




ランキングに参加しています
ランキングが上昇するとたくさんの方に知っていただくきっかけとなります
たくさんのご縁がつながりますように
↓みなさまからの愛情2ポチにご協力をお願いします↓

 にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

m(_ _)m ご協力ありがとうございました m(_ _)m

++++++++++++++++
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


| Login |