再入院とお迎え。
2015年02月24日 (火) | 編集 |




※お願いです※

【猫砂】【フード】【運営費】

現在大変切迫しています!! 

厚かましいお願いで申し訳ございませんが
みなさまからのお力添えをいただけますと幸いです
よろしくお願いいたしますm(_ _)m




++++++++++++++++

先日ニャンもっくデビューしました『やんまー』

upload_-1 (4)

気に入ってくれたようで満喫しております。

が!

ずいぶんとギシギシでキツキツですね~
体・・溢れてますよ!

本当は↓こんな感じになる予定なのに(笑)

upload_-1 (6)



ここ数日、
お部屋の移動があったりして
ケージを組んだりバラしたりと
通常の作業に加えちょっとバタバタしていたA3E。

体のあちこちが痛いのは
そんな作業のせいばかりではなく
明らかに老化が大半を占めているであろう事実に
ゲンナリぐったりなMです


そんなバタバタ毎日ではありますが
『ミルク』がまた入院することに。

輸血を終え、
退院後の週末には食欲も戻りつつあった『ミルク』でしたが
完全に戻りきる前にまたまた減退・・・

火曜日にはヨダレも増え
全く食べることができなくなってしまいました。

翌水曜日、
再度受診することに
この日の『ミルク』は黄疸も出始めていました。

食欲を奪ってしまう原因が、
口内の炎症だけのせいなのか
それともこの黄疸が関係しているのか
詳しく調べていただくために
再度入院し『ミルク』をお願いすることになりました。

このまま食べられない状況が続いてしまうと
黄疸の原因の1つである脂肪肝(肝リピドーシス)も発症してしまう恐れもあることから
鼻からカテーテルを入れ、強制給餌でのフォローをしていただきながら。

その上でなかなか引かない黄疸の検査をしていただいた結果、
肝臓等に腫瘍などは見られなかったそうですが
黄疸が出る原因の1つである胆管に
炎症が見られるということで
それに対応する投薬が始まりました。

元々の原因である口内炎症には
通常ステロイドを使用して治療をするそうですが、
『ミルク』にはこの ステロイド がどうにも体に合わないらしく
薬の量や種類によって
リンパの腫れと口内炎症が反比例して発症してしまうため
今回は ステロイド ではなく
抗生剤を使った新しいお薬を処方していただくことになりました。

入院して3日め。
ヨダレはまだ止まらず、、
ご飯も自食したりしなかったり、、
ビリルビンの数値がなかなか下がらず黄疸は相変わらずで、、

先生も頭を抱えておられました。

上記のように状況に大きな変化は見られませんでしたが、
先生と相談させていただいた結果
鼻カテーテルからの強制給餌でのフォローができるので
一旦お家に帰り
投薬をしながら経過を観察することになって
土曜日の夜になんとか退院をいたしました。



お家に帰ってきて早々、
ほんの少しですが缶詰を自食
ついでにカリカリもちょっとだけポリポリ

現在は
黄疸はまだ残っているものの
お薬が効いてきたのか、
日に日に少しずつ食欲も増え
ヨダレの量も減ってきたように思います

とは言ってもまだまだ
食欲は完全復活ではないため
自食の量を確認して
その都度量を調整しながらカテーテルからの給餌を続けています。


そんな『ミルク』さんは現在、
食事やおトイレの管理や投薬、皮下補液・・と
確認事項が多いため
みんなの目が届く事務所内で過ごしているわけですが・・・

夜な夜な私の事務仕事を
ジーーーーーーーーーーーっと監視

upload_-1 (3)


本当は慣れたお部屋で
みんなと一緒にのんびり過ごせた方がいいよね・・と
ちょっぴり心配をしましたが
本猫さんは案外ご機嫌チャンのご様子で、
目が合うたびに
ゴロゴロ♪と大音量で喉を鳴らしてくれています

よかったよかった

『ミルク』が早く
大好物の缶詰をお腹いっぱい食べられるようになりますように☆


そして翌日曜日。

A3Eでの準備が整いましたので
先日のブログでご報告させていただいた
『ショウ』ちゃんと『ハナ』ちゃんをお迎えしました。

飼い主さんであるH川さん(現在は施設に入所中です)に承諾を得て
移動前に念の為、血液検査とワクチン接種

エイズも白血病も共に陰性です


急な移動と病院、そして環境の変化に
初めはドキドキしていた2にゃん。

upload_-1_20150224041113d2c.jpg


私たちの中でもいろいろな不安がよぎりました。
このような事がきっかけで
体調を崩すにゃんこはたくさんいます。
時には生命の危機に陥ることも・・・。

猫はストレスにとっても弱いんです。



しかし今回
これまでたった1ヶ月ほどではありましたが
お世話に通わせていただいたおかげでしょうか。。。

『ショウ』ちゃんも
『ハナ』ちゃんも

私達のことを早々に認識してくれたようで

環境が大きく変わったにも関わらず、
最初こそじっと固まっていた表情も
お名前を呼べば尻尾をぴーーーんと立ててお返事をしてくれました

ご飯もちゃんと食べれたし、

upload_-1 (1)

お互いの毛繕いをしたり、

upload_-1 (5)


緊張もだいぶほぐれて
すぐに動けるようになってきました

upload_-1 (2)


よかったぁ


『ショウ』ちゃんと
『ハナ』ちゃんが大好きなH川さんに代わって

この子達の笑顔がずっとずっと満開であるように
精一杯尽力させていただきたいと思っています。

ぜひみなさまのお力も貸してくださいm(_ _)m
これからも応援をよろしくお願いいたします!!



++++++++++++++++


NPO法人Animal 3rd Eyesは
みなさまからの会費ご寄付によって支えていただいております。


1日でも長くにゃんこ達のおだやかな時間が続きますよう
多くの方々からのお力添えを
ぜひよろしくお願いいたします!!!m(_ _)m


 ご支援金振込先 

【ゆうちょ銀行】

口座番号  記号12310 番号32541721
口座名義  特定非営利活動法人 Animal 3rd Eyes

※他銀行からお振込みの場合※

銀行名   ゆうちょ銀行 
支店名   二三八(ニサンハチ)店
口座種別  普通 3254172
口座名義  特定非営利活動法人 Animal 3rd Eyes

※ 法人化に伴い口座が変わりましたのでご注意ください ※


 クレジットカードでもご支援していただけます 

PayPalでのお手続き↓

クレジット

++++++++++++++++

A3Eの活動を支えてくださる
2014年度の会員様を募集しています!!


お手続きはこちらから→ 会員申し込み



 ご協力お願い申しあげます。
khana-m.gif 現在A3Eで必要としているものですkhana-m.gif 

猫砂フードは慢性的に不足しています
みなさまからのお力添えをいただけますと幸いですm(_ _)m

=在庫が少なくなってきました =在庫がありません
ドライフード
※小粒のシニア食ですと助かります。
ピュリナワン・メディファス・ロイヤルカナン
・・・など
慢性的に不足
猫砂ベントナイト・鉱物系に限ります慢性的に不足
缶詰・パウチ
普通タイプ
(メーカー問いません)
カルカンパウチ
ペースト状・スープ状
(メーカー問いません)
処方食PHコントロール(ドライ・パウチ)c/dドライ
糖コントロール
y/d(ドライ・缶)
セレクトプロテイン(ドライ・パウチ
腎臓サポート(ドライ・パウチ)・k/dドライ
a/d缶
i/d缶
ペットシーツレギュラー
ワイド
スーパーワイド
医薬品フロントライン
レボリューション
生活雑貨洗濯洗剤(粉末タイプ)
食器洗剤
ウエットティッシュ(ペット用・赤ちゃん用お尻拭き可)
ティッシュペーパー
ラップ・アルミホイル
トイレットペーパー
毛布・タオル一重の厚いタイプ(中古大歓迎)
使い捨てマスク
使い捨てゴム手袋(ビニール製は不可)
取っ手付きビニール袋5L以上
使い捨てカイロ貼らないタイプ

送付先やその他の物につきましては
メールフォームよりお問い合わせください




ランキングに参加しています
ランキングが上昇するとたくさんの方に知っていただくきっかけとなります
たくさんのご縁がつながりますように
↓みなさまからの愛情2ポチにご協力をお願いします↓

 にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

m(_ _)m ご協力ありがとうございました m(_ _)m

++++++++++++++++
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


| Login |